全1928文字
PR

 テレワークの広まりとともに、もはや日常になっているビデオ会議。画面越しに上司や同僚と毎日のように顔を合わせている人は少なくないだろう。

 ただビデオ会議の最中にキーボードをたたくときには注意してほしい。画面に映っている肩や腕のわずかな動きから、入力している単語や文章を推測できる可能性があるというのだ。

 ビデオ会議中にプライベートチャットで同僚に送った上司の悪口が、会議に参加しているその上司に筒抜けになる──そんな恐ろしいことが現実のものになるかもしれない。

上半身のわずかな動きから推測

 人物の上半身しか見えないビデオ会議の映像から、その人物がキーボードに入力している文字を推測する──。そのような研究に挑んだのは、米テキサス大学サンアントニオ校のムルトゥザ・ジャリワラ氏が率いるプロジェクトチームだ。

 研究では対象とした人物の映像を録画する(図1)。次に映像の1コマ1コマを画像処理してから肩や腕の動きを解析し、キー入力時の指の動きを計算する。そして入力した英単語を推測する。現在では多くのパソコンが高解像度のWebカメラを搭載しているので、上半身のわずかな動きも記録できるという。

図1●体のわずかな動きから入力したキーを推測
図1●体のわずかな動きから入力したキーを推測
米テキサス大学サンアントニオ校のムルトゥザ・ジャリワラ氏らが実施した実験の概要。録画した映像の1コマ1コマを画像処理し、肩や腕のわずかな動きを捉えて入力したキーを推測する。ジャリワラ氏らの論文「Zoom on the Keystrokes: Exploiting Video Calls for Keystroke Inference Attacks」を基に作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 キーを一つひとつ探しながらタイプするハントアンドペックなら入力時に肩や腕が動きそうだが、タッチタイピングなら動くのは手首や指だけで、肩や腕はほとんど動かないように思える。

 だがジャリワラ氏らの論文によれば、入力時にキーが及ぼす反発力により、滑らかなタッチタイピングであっても肩や腕は視覚的に観察できるほど動くという。