PR

 ここ数年、メールを使ったサイバー攻撃である「ビジネスメール詐欺」と「脅迫メール」が米国などで猛威を振るっている。その両者が、日本国内にも本格的に上陸した。2018年7月以降、これらの日本語版が確認され始めたのだ。実際に被害が出ている可能性が高い。もはや対岸の火事ではない。手口を知って警戒する必要がある。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い