PR

 「パソコンがウイルスに感染している」といった偽の警告画面をパソコン上に表示させて、セキュリティーソフトウエアやサポートを売ろうとするネット詐欺が急増している。セキュリティーに関する相談を受け付けている情報処理推進機構(IPA)には、2018年5月以降、1カ月に100件以上の相談が寄せられているという

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料