PR
(イラスト:岸本 ムサシ)
(イラスト:岸本 ムサシ)

 PSEマークは、電気用品安全法の基準に適合する電気用品に付けるマークです。PSEは、Product Safety Electrical Appliances & Materialsの略です。電気用品を一言で表現すると、コンセントにつないで使用できる、消費電力や定格容量が小さい製品のことです。スマートフォンなどで利用するモバイルバッテリーは当初、電気用品安全法の対象外でしたが、2018年2月に対象になりました。対象の電気用品を販売するには、PSEマークが必要です。モバイルバッテリーは、経過措置期間が終了した2019年2月以降、PSEマークが付いていないと販売できなくなりました。

 電気用品安全法では、製品の種類ごとに満たすべき義務を定めています。リチウムイオン蓄電池に分類されるモバイルバッテリーは、製品を開発するときの技術基準の適合と、出荷前の全数検査が義務付けられています。

 技術基準では、衝撃や圧力を加えたり、セルと呼ばれる部品に金属の異物を混入させたりしても発火しないこと、充電器をつなぎ続けても上限電圧を超えないことなどを定めています。これらの基準を満たさないと製品化できません。

 全数検査は、メーカーが出荷前に実施します。チェックするのは、外観と出力電圧です。外観は、製品の膨らみなどを確認します。出力電圧は、製品の定格電圧に対してメーカーが定めた範囲内に入っているかどうかを確認します。これらの検査結果は、3年間保存しておく必要があります。

聞き手=齊藤 貴之