全608文字
PR
(イラスト:岸本 ムサシ)
(イラスト:岸本 ムサシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトはセキュリティー関連の更新プログラムを定期的に配信しています。配信時刻は米国太平洋時間の毎月第2火曜日午前10時です。世界中でこの時刻に同時に配信しています。地域による時間差はありません。

 日本では時差の関係で配信日が第2水曜日もしくは第3水曜日になります。月初の1日が水曜日の場合は第3水曜日に、それ以外の場合は第2水曜日になります。月によって配信日が変わっていると誤解されないように、最近では「配信日は米国時間の第2火曜日、日本は時差の関係でその翌日になる」と案内しています。

 時差を考えると、日本での配信時刻は午前3時です。ただ時期によっては午前2時になることもあります。これは米国の太平洋時間でサマータイムを採用しているからです。サマータイムの期間中は1時間早まります。

 マイクロソフトではセキュリティー以外の更新も火曜日に配信することが多くなっています。これには理由があります。更新プログラムの適用に何らかの問題があったときでも週内に解決できるように、週の早いうちに配信したいからです。月曜日が理想的ですが、週明けでIT担当者が忙しいことが多いので火曜日にしています。

 定例外で配信される更新プログラムも、緊急性を考慮していますが結果的に火曜日に配信されることが多くなっています。また金曜日の配信は避けています。米国時間の金曜日はユーザー数の多いアジア地域で週末の土曜日に当たるからです。