全650文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
(イラスト:岸本 ムサシ)
(イラスト:岸本 ムサシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 UWBとは超広帯域(Ultra Wide Band)を使う無線通信のことです。10年以上前から使われている技術で、Wireless USBがよく知られた活用例です。2019年9月に米アップルが発売したiPhone 11に搭載したことで注目されました。

 一口にUWBといっても、様々な技術があります。iPhone 11に搭載したUWBの詳細をアップルは明らかにしていません。ですが高速通信ではなく、高精度な位置測位に向いたタイプだと推測できます。同社のWebサイトでも「空間認識のための超広帯域テクノロジー」と紹介しています。

 UWBでは、通信にかかった時間から端末間の距離を算出します。Bluetoothのように電波の強さで判断するよりも正確に、数cm単位で端末の位置を把握できます。そのためiPhone同士で通信するAirDropでは、UWBを使うことで相手をより特定してデータを送れるようになります。正確な位置情報を知る必要がある忘れ物タグなどにも活用できるでしょう。

 ビジネスでは店舗や施設から顧客へのサービス向上にも役立ちそうです。例えば行列のうち特定の列に並んでいる人だけにクーポンなどの特典を送る使い方が考えられます。ポケモンGOのような位置情報を活用するゲームでは、これまでよりピンポイントでイベントなどを実施できます。

 iPhoneのUWBをアップル以外の企業も利用できるようになれば、様々なアイデアが出てくるでしょう。今までにない、全く新しいアプリが登場する可能性もありそうです。