PR

 銅線を使ったLANケーブルには寿命はありません。電線製造の業界団体である日本電線工業会では、LANケーブルのコード部分について、更新推奨時期を20~30年としていますが、通常の環境で使っていれば20~30年たっても壊れません。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い