全2202文字
PR
読者のひろば

 2021年5月号はネットワークに関する特集だけでなく、自動化やノーコード開発などの内容があったのでとても参考になりました。今後もこうしたネットワーク以外の記事を掲載してもらえるとうれしいです。キートンさん(岡山県)

 キートンさん、ご愛読ありがとうございます。いつの頃からか本誌ではネットワーク関連の記事のなかに、しれっとシステム系の記事が入ることが増え始めたような気がします。思い起こせば「ネットワークコマンドでバッチファイルを説明するくらいならPowerShellでスクリプトを紹介したほうがいい」とか「OpenStackはネットワーク機器の一部」とうそぶいてオープンソースのプロジェクトを紹介したりとか、システム寄りの企画を増やしたりした犯人は私かもしれません。ただクラウドサービスを見ていると分かりますが、ネットワークがソフト化していってシステムの一部になっていく方向は確実にあると思っています。その意味では物理的な「ネットワーク」にこだわらず、システム的な知見にもなじんでおくことは、今後のネットワーク技術者にとって重要だと思っています。(北郷)


 ネットワークやセキュリティーの情報がまとめて手に入り、技術の予習や復習に使えるので重宝しています。今後はSD-LANやSD-WANといったSDN関連の記事や、SSLやTLSなどの仕組みを深掘りした記事が読みたいです。またSIとして勤務しているので、社内SEの課題点や困りごとを解決する記事があると業務に使えるので助かります。おいもさん(大阪府)

 日経NETWORKをご愛読いただきありがとうございます。ご希望されるSDNやSSL、TLSなどの深掘り記事を企画したいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。コンピューターシステムの高度化が進む今、ネットワークとアプリケーションの話は切り離しては語れないものになりつつあります。ネットワークエンジニアでもアプリのことを知っておかなければ最適なネットワークを構築できませんし、その逆もしかりです。特にクラウドコンピューティングは、インターネットにつながっていることを前提にしたシステムなので、その構築では両方の知識を持つマルチエンジニアが重要な役割を担います。こうしたエンジニアを目指す読者にもお役に立てるよう、両方の垣根にとらわれずに幅広い情報を提供していく考えです。(中島)


 5月号の特集2「ネットワーク便利グッズ&アプリ」は、とても興味深く参考になりました。次々と新しい商品が出てくるので、今後もかゆいところに手が届くといったニッチなグッズを紹介してもらいたいです。個人的に最近見つけたものは、サンワサプライのLAN切替器「SW-LAN21」や「SW-LAN41」です。あれば便利ですし、仕事にも使えそうだと感じています。下山 芳令さん(千葉県)

 特集2を執筆するため、近所の100円ショップを数店舗回ったのですが、どの店舗にもテレワーク専用のブースが設けられていて驚きました。しかもスマートフォンの充電に役立つUSBポートやケーブルの整理・整頓に利用できる面ファスナー、資料を立てかける台など、とても税込み110円で購入できるとは思えない商品ばかりでした。店舗ごとに微妙に品ぞろえが違うのも面白かったです。調査で訪れたのに、気づいたら5000円以上も商品を購入していました。またECサイトのテレワーク関連グッズを見ても、かゆいところに手が届く商品を多く発見できました。ちなみに私は何度も開け閉めできる結束バンドを重宝しています。机の上の電源ケーブルやUSBケーブルをまとめるのにとても便利です。誌面の都合上、特集2では数点の商品しか紹介できませんでした。今後は低価格でネットワーク管理に役立つ商品と、その使い方のコツを取り上げる特集を企画したいと思います。(安藤)