全1207文字

 誤送信対策をうたうセキュリティー製品が多数登場しているがいずれも決定打にはなっていない。例えば上長の許可が無いとメールを送信できないようにするゲートウェイ製品や、メール送信時に宛先などを確認させるメールソフト製品が市場に出ているが普及には至っていない。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!