全4305文字
PR

 企業のネットワークに接続したパソコンは社内のサーバーにアクセスしたり、インターネットを通じてWebサーバーから情報を入手したりできるようになる。

 こうした通信を実現するのがIPという仕組みだ。IPでは、Webやメール、音声通話や動画など、すべてのデータをIPパケットという形でやりとりする。ここで必要となるのが、IPパケットを届けるための適切な経路を選ぶ「ルーティング」という機能だ。

IPアドレスの基礎を理解する

 ルーティングを理解する上で欠かせないのが「IPアドレス」である。IPアドレスはネットワーク上の住所に相当する情報だ。パソコンやスマートフォン、サーバーなどのホストに割り当てられ、IPパケットはこのIPアドレスを手掛かりに転送される。ルーティングを学ぶ前に、まずはIPアドレスの基礎を押さえよう。

 IPアドレスは「1」または「0」が並んだ32ビットのビット列である図1-1)。ただ2進数で表記すると人間には分かりづらい。そこで、8ビット(1オクテット)ずつに区切り、それぞれ10進数に置き換えて表記するのが一般的だ。

図1-1●IPアドレスとサブネットの表記方法
図1-1●IPアドレスとサブネットの表記方法
ルーティングを理解する基本として、宛先となるIPアドレスとネットワーク(サブネット)の範囲を示すサブネットマスク、ネットワーク自体を示すネットワークアドレスを覚えておこう。
[画像のクリックで拡大表示]