全749文字
PR

 モバイルアプリで管理できるネットワーク機器は、簡単に初期設定できるよう工夫されている。例えば、シスコシステムズのMeraki Goでは図解入りのウィザードが起動し、それに従って進めると簡単に初期設定が完了する(図5)。

図5●管理アプリの設定画面例
図5●管理アプリの設定画面例
あまり知識がない初心者でも簡単に設定できるように、各社は工夫している。シスコシステムズの「Meraki Go」では、APを接続するチュートリアルが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 初期設定の大まかな流れはどのベンダーでも似ているが、ここではHPEのAruba Instant Onを例に見てみよう。

 まずAPをLANケーブルでルーターに接続し、さらにACアダプターをコンセントにつなぐ。PoEスイッチがあるなら、そこにLANケーブルをつなぐ。これでAPが起動する。

 また、モバイルアプリ(Aruba Instant Onアプリ)をGoogle PlayまたはApp Storeからダウンロードしておく。APの起動後、アプリを起動して「アカウントの作成」ボタンをタップし、メールアドレスとパスワードを設定。確認のメールが届くので、確認ボタンを押すと登録が完了する。