PR

 カテゴリーの区分には「5」「5e」「6」「7」といった数値とアルファベットが使われる。数値が大きいほど品質が高くなる。「e」はエンハンスト(enhanced)を意味し、5と5eでは5eのほうが品質が高い。カテゴリーによって対応するイーサネット規格が異なる。品質が高いケーブルのほうが、高速なイーサネット規格に対応する。

この記事は有料会員限定です

「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料