全1883文字
PR

 誰かに荷物を届ける場合には、相手の住所を指定しなければならない。「東京都港区虎ノ門」といった宛先の住所を指定して、初めて荷物が相手に届けられる。

 これはインターネットの世界でも同じである。誰かとデータをやりとりするには、相手を特定するための情報が必要だ。そのための情報が「IPアドレス」である。IPアドレスはインターネット上の住所に相当する。

 企業ネットワークなどのLANに接続したパソコンを使ってWebサーバーにアクセスしたとしよう(図1-1)。このときパソコンはWebサーバーに向けてIPパケットを送信する。IPパケットには宛先のWebサーバーのIPアドレスが含まれている。

図1-1●IPアドレスで転送先を決める
図1-1●IPアドレスで転送先を決める
インターネットに接続する機器なら必ずIPアドレスが割り当てられている。ルーターは宛先のIPアドレスを基にIPパケットの転送先を決める。図では実在するIPアドレスと重複しないように「xxx」などとしているが、実際には0から255までの数字が入る。
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネット上のルーターは宛先のIPアドレスを見てIPパケットを転送する。このようにIPアドレスというインターネット上の住所があるので、パソコンとWebサーバーは正しく通信できる。

 スマートフォンやネットワーク家電、IoT機器といったインターネットに接続する機器には、必ずIPアドレスが割り当てられている。ただしルーターには機器単位ではなく、ポートごとにIPアドレスが割り当てられる。ルーターはIPパケットを送り出すポートをIPアドレスで指定する。

IPアドレスは32桁のビット列

 続いて、IPアドレスの表記方法を見ていこう。IPアドレスは「1」または「0」が並んだ32ビットのビット列である。通常は8ビットごとに区切って表記する(図1-2)。

図1-2●32桁の2進数を10進数に変換して表記
図1-2●32桁の2進数を10進数に変換して表記
人が覚えたり入力したりしやすいように、IPアドレスは4個の10進数で表記する。各桁は8ビットなので10進数で0から255までの数値になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし2進数で表記すると人間には分かりづらい。そこで、8ビットずつを10進数に置き換えて表記するのが一般的だ。数字の間は「.(ピリオド)」を入れて区切る。「11000000101010000000000101100100」というIPアドレスなら「192.168.1.100」と表記する。