全1564文字
PR

 IPアドレスにはインターネットで使える「グローバルIPアドレス」と、企業や家庭などのLANで自由に使える「プライベートIPアドレス」の主に2種類がある(図2-1)。

図2-1●プライベートIPアドレスはインターネットで使えない
図2-1●プライベートIPアドレスはインターネットで使えない
IPアドレスには世界中で唯一のグローバルIPアドレスと企業や家庭の閉じた環境で使えるプライベートIPアドレスがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 グローバルIPアドレスはICANNを中心とする複数の組織が管理するIPアドレスである。インターネットで使えるように、世界中で一意性が担保され、異なる組織に同じグローバルIPアドレスが割り当てられることはない。

 一方、プライベートIPアドレスは組織ごとに自由に使えるアドレスだ。インターネットに直接アクセスしないLANで使う。

 プライベートIPアドレスとして使える範囲は決められている。「10.0.0.0~10.255.255.255」「172.16.0.0~172.31.255.255」「192.168.0.0~192.168.255.255」である。どれを使うかは、IPアドレスを割り当てるホスト数で決める。同一ネットワークでなければ重複しても構わない。

 つまりグローバルIPアドレスと異なり、世界中でいくつも同じプライベートIPアドレスが使われている。

グローバルIPアドレスに変換

 プライベートIPアドレスが割り当てられた機器はインターネットにアクセスできない。インターネット上の相手と通信するにはグローバルIPアドレスが必要だからだ。

 そこでNATという機能を使う(図2-2)。NATは一般にルーターやファイアウオールといったネットワーク機器が備える機能で、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換する。

図2-2●NATでグローバルIPアドレスに変換
図2-2●NATでグローバルIPアドレスに変換
プライベートIPアドレスを持つクライアントがインターネット経由で通信しようとすると、NATを備えるルーターは送信元IPアドレスをグローバルIPアドレスに変換して転送する。
[画像のクリックで拡大表示]