全3030文字
PR

 ネットワークの構築や運用管理には、やってはいけない「禁じ手」がある。ネットワークをトラブルなく構築・運用するためには、当然のことながら禁じ手を避けることが重要だ。

 だが容易ではない。一見まっとうに思える禁じ手が少なくないからだ。ネットワークは様々な技術の集合体なので、一般的な常識が通用しないことがあるのだ。

 そこで本連載では、様々な企業のネットワークを構築してきた筆者の経験を基に、ネットワーク構築・運用における禁じ手を解説する。

 今回は無線アクセスポイント(AP)の設置台数を取り上げる。APは多数設置すればするほどつながりやすく、かつ通信速度が高くなりそうだ。だが実際は異なる。適切な台数以上を設置すると、通信品質はかえって低下する。その理由と適切な台数の決め方を解説する。

余裕の持たせすぎがあだに

 まずはどういった場合にAPの台数が過剰になるか考えてみよう。APの導入時には、「余裕の持たせすぎ」が台数の過剰につながることが多い(図1)。例えば、導入するAPの推奨接続台数が「12~40台程度」と書かれていたとする。この場合、余裕を見て「端末12台にAPを1台用意する」とすると、筆者の経験上、APの台数はほとんどの場合過剰になる。

図1●APの台数が多いと通信品質がかえって低下する
図1●APの台数が多いと通信品質がかえって低下する
無線LANアクセスポイント(AP)の台数が多ければ通信品質が向上しそうだが実際はそうはならない。例えば端末の台数からAPの台数を決めると、ほとんどのケースでは多すぎて通信品質が低下する。
[画像のクリックで拡大表示]

 使用する端末を多く見積もることも、APの台数過剰に拍車をかける。例えば社員が100人のオフィスを想定する。社員によってはパソコン、スマホ、タブレットの3台を無線LANにつなげている。そこで全社員が3台同時に接続しても問題ないようにAPを用意しようとすると過剰になる。前述のように端末12台に1台のAPを用意すると、100人のオフィスにAPを25台設置することになる。明らかに過剰であることが分かってもらえるだろう。

 無線LANの運用開始後にAPの台数が過剰になる場合もある。その一例がトラブルシューティングのときである。通信が遅くなるなどのトラブルが発生した際、実際には別の原因であるにもかかわらず「AP不足」を疑ってAPを増やすケースは少なくない。するとAPの台数が過剰になり、通信品質はかえって低下してしまう。