全1632文字
PR

 Webサイトにアクセスできなくなったり、登録したドメイン名を使ったメールアドレスでメールを送受信できなくなったりする。こんなドメイントラブルが発生することがある。

 2019年9月に情報通信技術政策担当大臣に任命された竹本 直一衆院議員は、公式ホームページ(HP)にアクセスできなくなったとTwitterで報告した(図2-1)。Twitterのプロフィルや所属政党の議員紹介ページに掲載した公式HPのURLをクリックすると、「ホスト名『takemotonaokazu.com』のIPアドレスがわかりません」と表示された。同議員は、「ドメインを管理している会社からロックをかけられた」と状況を説明した。

図2-1●竹本直一衆院議員の公式HPが表示されなくなるトラブル
図2-1●竹本直一衆院議員の公式HPが表示されなくなるトラブル
竹本議員のSNSのプロフィルなどに載せていた公式ホームページ(HP)のリンクをクリックすると、エラー画面が表示された。同議員は、復旧作業を進めているとTwitterに書き込んだが、2019年9月末時点でもトラブルは解消していなかった。後日、別のドメイン名を利用して、Webサイトが復旧された。
[画像のクリックで拡大表示]

 COMドメインを管理するベリサインのWebページで、takemotonaokazu.comのWHOIS情報を確認すると、ドメイン名の状態が「clientHold」になっていた(図2-2)。これが、Webサイトが表示されなかった原因だと推測される。

図2-2●takemotonaokazu.comのWHOIS情報
図2-2●takemotonaokazu.comのWHOIS情報
ドメイン名の状態(Domain Status)は、使用できない状態を示す「clientHold」になっていた。ドメイン名情報は、米ベリサインのWHOIS検索で確認した。
[画像のクリックで拡大表示]

2013年に始まった正確性確認

 clientHoldとは、レジストラがWHOIS情報の正確性を確認できなかったとして、ドメイン名を一時的にロックした状態を指す。この状態になると、ドメイン名からWebサーバーのIPアドレスを調べられなくなり、ドメイン名を使えなくなる。

 このWHOIS情報の正確性確認は、2013年に改訂されたICANNの仕様に基づく。比較的新しい運用ルールだ。