全1621文字
PR

 スイッチ部門では製品ジャンルとして、ユーザーのパソコンやプリンターなどの端末を直接つなぐ「アクセススイッチ」、アクセススイッチをフロアや部署といった単位で束ねる「フロアスイッチ」、フロアスイッチなどを束ねて企業ネットワークの中核となる「コアスイッチ」に分けた。2021年の調査から引き続き、3分野すべてでシスコシステムズが1位を独占した。

 アクセススイッチは1位から9位まで、2021年と全く順位が変わらなかった(図1)。そのなかで1位のシスコシステムズのシェアは24.3%で微減。2位のバッファローは19.6%と3ポイント近く伸ばした。他に大きな変化は見られず、同カテゴリーにおける上位企業の盤石さが見て取れた。なお図1ではシェア3.0%以上のベンダーのみを掲載している。以降の図でも同様だ。

図1●アクセススイッチベンダーの順位
図1●アクセススイッチベンダーの順位
回答者が携わる企業ネットワークで主に使っているアクセススイッチのベンダーを1社だけ答えてもらった。割合は「分からない」「使っていない」などの回答を除く有効回答を母数にして計算。3%以上のベンダーを掲載した。以降の図も同様の条件。1~3位の順位は2021年と同様だったが、シスコシステムズとバッファローの差が縮まった。
[画像のクリックで拡大表示]

 フロアスイッチではシスコシステムズの強さが目立つ(図2)。1位、2位の順位は2021年と変わらない。シスコシステムズは昨年から約5ポイントシェアを落とし、35.8%となった。3位以下は僅差の争いとなり、順位に大きな変動があった。昨年7位のNECが3位となった一方、昨年3位のHPEは6位に落ちた。

図2●フロアスイッチベンダーの順位
図2●フロアスイッチベンダーの順位
1位のシスコシステムズが5年連続1位の座をキープしたが、シェアは35.8%まで下がった。一方でNECがシェアを2ポイント上げ、2021年3位のHPEと入れ替わった。
[画像のクリックで拡大表示]

 コアスイッチは変わらずシスコシステムズが圧倒(図3)。シェアは2021年に初めて半数を超えたが、今回は49.1%にとどまった。2位はアライドテレシスで、前回よりも1位との差を詰めている。3位にはフロアスイッチと同様にNECが浮上した。

図3●コアスイッチベンダーの順位
図3●コアスイッチベンダーの順位
シスコシステムズが変わらず強さを見せ1位となった。一方シェアは僅かに下がり、50%を切った。2位のアライドテレシスがシェアを2ポイント伸ばした。3位にヤマハと入れ替わり、NECが食い込んだ。
[画像のクリックで拡大表示]