全3713文字
PR

 インターネットと社内ネットワークの境界に置くネットワーク機器として、主にルーターやUTM/ファイアウオールがある。それぞれの調査結果について見ていこう。

 ルーターではヤマハが1位の座を奪還(図11)、根強い人気を見せつけた。2位のシスコシステムズとの競り合いはしばらく続きそうだ。3位以下には前回と同じようにNEC、バッファロー、富士通、アライドテレシスが並ぶ。

図11●ルーターベンダーの順位
図11●ルーターベンダーの順位
前回2位に陥落したヤマハが1位に返り咲いた。僅差の2位がシスコシステムズ。10ポイント以上の差がついてNECが3位に続いた。
[画像のクリックで拡大表示]

 企業規模別で見ると、ヤマハは1~500台の規模で首位を獲得(図12)。シスコシステムズは501台以上の規模で1位だった。ここでもシスコシステムズが大企業に強い結果になっている。

図12●クライアント数ごとのルーター上位3位の順位
図12●クライアント数ごとのルーター上位3位の順位
クライアント数500台までの中小規模ネットワークでヤマハが存在感を見せる。大規模ネットワークにおいてはルーターもシスコシステムズが強い。
[画像のクリックで拡大表示]

境界防御製品の導入率は低下

 アンケートでは境界防御のために設置しているセキュリティー製品についても尋ねた(図13)。「UTMまたは次世代ファイアウオール」を導入しているという回答が最も多く41.4%。前回調査の53.5%から大きく落とした。

図13●境界防御製品の導入状況
図13●境界防御製品の導入状況
LANとインターネットの境界などに設置する境界防御製品の導入状況を聞いた。23%はセキュリティー製品を導入していなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

 次は27.7%で「Webゲートウエイ」だった。Webアクセス時にマルウエア(ウイルス)や不正攻撃を検知するプロキシーなども含まれる。Webゲートウエイも昨年から落とし、27.7%となった。

 仮想環境を利用して不正なプログラムかどうかを安全に検査するサンドボックス型製品を導入しているのは5.9%だった。

 気になるのは、境界防御のためのセキュリティー機器を導入していないと回答した23%。前回と比較し僅かに減らした。後述するゼロトラストの導入に伴う低下であればよいが、どちらも入れていないというのはあまりに危険だ。

 では境界防御製品を導入している企業はどのベンダーの製品を使っているのだろうか。UTM/ファイアウオールベンダーの順位は米フォーティネットが前回に続き首位を維持した(図14)。シェアは45.2%。前回の38.2%から7ポイントの増加となった。

図14●UTM/ファイアウオールベンダーの順位
図14●UTM/ファイアウオールベンダーの順位
昨年も1位のフォーティネットは45.2%とさらにポイントを伸ばした。昨年4位のジュニパーネットワークスはポイントを下げ、F5ネットワークスと入れ替わった。
[画像のクリックで拡大表示]

 企業規模別に見ると、1~1000台以下のクライアントを接続している企業ではフォーティネットが1位(図15)。ただし1001台以上では米パロアルトネットワークスがフォーティネットを上回り、前回同様の結果となった。

図15●クライアント数ごとのUTM/ファイアウオール上位3社の順位
図15●クライアント数ごとのUTM/ファイアウオール上位3社の順位
フォーティネットが規模にかかわらず強さを発揮した。2021年と同様に、1001台以上の大規模ネットワークではパロアルトネットワークスがフォーティネットを上回った。
[画像のクリックで拡大表示]