全2397文字
PR

 Part3では、意外と見過ごされがちなケーブル関連の注意点を取り上げる。

ケーブルの抵抗で発熱

 PoEは基本的に通常のCat.5e以上のLANケーブルならそのまま使える。ただし、注意すべき点は発熱だ。データ信号だけをやりとりするのと異なり、電力を流すPoEでは心線の導体の抵抗により熱が発生する。

 影響を受けるのはイーサネットのデータ通信だ。温度が上昇することで電気抵抗が増す。これにより、データ信号が遠くまで届きにくくなる。イーサネットの規格では、銅線を使ったLANケーブルの最大伝送距離は100mと規定されている。だが、電気抵抗が増えると、そこまで信号が届かない可能性が出てくる。100m近くまで延ばしている構内配線でPoEを導入すると、データ通信ができなくなる恐れがある。

ケーブルを束ね過ぎると障害に

 特にLANケーブルを束ねた場合に発熱が問題になりやすい。

 LANケーブルメーカーの日本製線では、LANケーブルを束ねて、それぞれにIEEE 802.3btで供給できる最大電力である90Wを流して温度を測定する試験を実施した(写真3-1)。

写真3-1●ケーブル温度上昇の検証の様子
写真3-1●ケーブル温度上昇の検証の様子
日本製線が実施した検証実験の様子。24本および48本のLANケーブルを束ね、それぞれ全ケーブルで90Wの電力を流した。(画像提供:日本製線)
[画像のクリックで拡大表示]

 LANケーブルの心線の導体は、AWGと呼ばれる指標で直径が決められている(表3-1)。AWGの番号が大きくなるほど、導体の直径は短くなる。

表3-1●LANケーブルの心線に使われる導体の仕様
AWG(American Wire Gauge)は導体の太さを示す指標。ここではLANケーブルの心線に使われる主なものを記載した。
表3-1●LANケーブルの心線に使われる導体の仕様
[画像のクリックで拡大表示]

 実験で使用したのは、直径が約0.32mmのAWG 28、約0.4mmのAWG 26、約0.51mmのAWG 24の3種類。日本製線によると、企業向けのLANケーブルではAWG 28がよく使われるという。カテゴリーはCat.6とCat.6Aの2種類を使った。LANケーブルを束ねた本数(バンドル)は、24本と48本を用意した。