全7310文字
PR

 現在ではWindowsで動作するGUIのネットワーク管理ツールが豊富にある。このためLinuxなどのCUIツールを使わなくてもネットワーク管理は十分可能だ。だがLinuxには手軽に使える管理ツールやネットワークコマンドが多数用意されている。しかもWindows 10にはLinux環境を簡単に試せるWindows Subsystem for Linux(WSL)が追加された。

 そこで本特集では、WSLの最新バージョンであるバージョン2(WSL2)の設定方法からネットワークコマンドの使い方、Webサーバーの構築方法を分かりやすく解説する。Linuxを使ったことのない人は、この機会にぜひ試してほしい。

Windows上でLinuxが動作

 WSLはWindows 10でLinuxのコマンドを実行したり、アプリケーションを動かしたりできる機能だ。VirtualBoxやVMwareなどで構築する仮想マシンを思い浮かべてもらうと分かりやすい。WindowsがホストOSとなり、ゲストOSにLinuxを導入する。1台のパソコンでWindowsとLinuxが使えるため、Linux用のハードウエアを新たに用意しなくてもよい。Linuxを手軽に試したい人に適している。

 WSLにはバージョン1(WSL1)と2(WSL2)がある。WSL1ではWindowがLinuxカーネルの機能をエミュレートする。このためゲストOSであるLinuxは、ホストOSのWindowsと同じIPアドレスを使用する。

 一方、WSL2ではWindowsが搭載する仮想化ソフト「Hyper-V」のハイパーバイザー上でLinuxカーネルを動かす。Windowsに仮想的なNIC(仮想NIC)が作られてプライベートIPアドレスが割り当てられる。

 ゲストOS用の仮想NICも作られる。ゲストOSはホストOSとは異なるTCP/IPスタックを使うので、ホストOSとは異なるIPアドレスが割り当てられる(図1)。

図1●WSL2のイメージ
図1●WSL2のイメージ
WSL2はWindows 10の内部に仮想的なLinuxカーネルを構築する。ユーザーは仮想ネットワークを介してLinuxカーネルにアクセスできる。
[画像のクリックで拡大表示]

WSL2の環境を構築

 WSL2を利用する環境を構築しよう。Windows 10 Proをベースに話を進める。まずパソコンが搭載するCPUやOSのバージョンを確認する。WSL2はCPUの仮想化支援機能を使うので、BIOS(UEFI)の設定で有効にしておく必要がある。

 またWindows 10の32ビット版はWSL2をサポートしていない。x64システムのWindows 10でもバージョンによってはサポートしていない。WSL2を動作させるには、バージョンが1903以降、ビルド18362.1049以上のWindows 10が必要である。

 WSL2でLinuxを動かすには大きく4つの手順を踏む。GUIで環境を構築する場合はWindowsのコントロールパネルを起動し、「プログラム」を選択して「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。すると、複数の項目が表示されるので「Linux 用 Windows サブシステム」と「仮想マシン プラットフォーム」の項目にチェックを入れ、パソコンを再起動する。これでWSL2が有効になる(図2の手順1)。

図2●WSL2を利用するための手順
コントロールパネルで2つの項目にチェックを入れる。再起動後にMicrosoft StoreからLinuxディストリビューションのUbuntuをインストールする。
図2●WSL2を利用するための手順
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、Linuxカーネル更新プログラムパッケージをインストールする(図2の手順2)。WebサイトにアクセスするとインストールするためのMSIファイルをダウンロードできる。管理者権限のアクセスを求めるメッセージが表示されるので「はい」を選択してインストールする。

 次にWSL2がデフォルトで起動されるように設定を変更する。このままで実行すると、WSL1が起動されてしまうことがあるためだ。具体的にはPowerShellを管理者権限で起動してコマンドを1行入力する(図2の手順3)。

 管理者権限でPowerShellを起動する際には、Windowsのメニューから「Windows PowerShell」を開き、「Windows PowerShell」の項目を右クリックして、「管理者として実行する」という項目を選択する。デフォルトをWSL1に戻したい場合は「wsl --set-default-version 1」を実行する。

 最後にWSL2で動かすLinuxディストリビューションを選ぶ。いくつかのLinuxディストリビューションを動かせるが、ここでは初心者にも扱いやすい「Ubuntu」を選択する。Microsoft Storeで検索し、インストールする(図2の手順4)。これでUbuntuを起動できるようになる。