全1359文字
PR

 無線LANを導入する際は、電波が到達する範囲を確認して、APの配置を検討する。そこで気になるのが、Wi-Fi 6対応APの電波が届く範囲だ。ヒートマップを作成して調べてみた。

電波強度を記録したマップ

 電波範囲はヒートマップで確認する。ヒートマップは導入予定のAPを仮設置し、APから送信されるビーコンフレームを専用ツールで受信しながら電波強度を記録したマップである。

 この実験では、シスコシステムズの「Catalyst 9115」を利用した。なおヒートマップは、無線LANの規格が同じでも利用するAPによって異なる。そのため1種類のAPを使用した。

 ヒートマップを作成するために、APを専用のポールに固定して、天井近くに取り付けたときと同じような状況を作った(図7右)。

図7●しきい値を-65dBmに設定
図7●しきい値を-65dBmに設定
Wi-Fiツール「Ekahau」を使ってヒートマップを測定した。-65dBm以上の電波が届く範囲を黄緑色で示した。色が濃いほど電波強度が高い。APには「Catalyst 9115」を利用。
[画像のクリックで拡大表示]

 屋内で使用する36chを利用し、APの電波出力は6段階中の上から3番目に設定した。そして米エカハウのWi-Fiツール「Ekahau」を利用して、電波強度が-65dBm以上の電波が届く範囲のヒートマップを作成した(同左)。

 -65dBmは電波の届く範囲のしきい値としてよく使われる。ヒートマップはAPのアンテナ設計や出力で変化するが、Wi-Fi 6や802.11acといった動作モードを変えても変化しない。

1024QAMの範囲は狭い

 -65dBmは通信するための電波強度としては十分だが、この電波強度では最大伝送速度を出すための条件を満たさない。

 Wi-Fi 6の最大伝送速度で通信するときに使う1024QAMや、802.11acの最大伝送速度で使う256QAMにはもっと強い電波が必要だ。今回使用したAPの仕様では、40MHz幅および2ストリームで必要な電波強度が1024QAMでは-57dBm、256QAMでは-62dBmとなっている。