全966文字
PR

 Wi-Fi 6では最大8ストリームまで規格化されており、これに対応したAPも既に登場している。

 この8ストリームを使って複数の端末が同時通信できるようにするのがMU-MIMO機能だ。端末の多くは2ストリーム対応なので、4台の端末が互いに干渉せず同時通信できる。1ストリームで通信する端末なら、最大8台の同時通信も可能になる。

 そこでMU-MIMOの効果がどれだけあるのか計測してみた。

スマホ3台で実験

 現在Wi-Fi 6に対応した端末で比較的入手しやすいのがスマホだ。そこで今回は、韓国サムスンの「Galaxy S10」を利用した(図9)。APにはCatalyst 9130を使った。これらは外部からの電波干渉を受けないように電波暗箱に入れた(図10)。

図9●実験に使用したWi-Fi 6対応のスマホ
図9●実験に使用したWi-Fi 6対応のスマホ
電波暗箱に入るWi-Fi 6対応の端末として、スマホ「Galaxy S10」(韓国サムスン)を使用した。
[画像のクリックで拡大表示]
図10●同時通信の実験で使用した電波暗箱
図10●同時通信の実験で使用した電波暗箱
AP1台とスマホ3台が入る大型の電波暗箱を使用した。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は米キーサイトテクノロジーのパフォーマンス測定ソフト「IxChariot」を利用した。端末ごとのサーバーとして3台のパソコンを用意し、端末とパソコンにはそれぞれIxChariotのエージェントソフトをインストールした。エージェントを管理するIxChariotサーバーはAPとパソコンをつなぐL2スイッチに接続した(図11)。

図11●MU-MIMOを使って同時通信したときのスループットを測定
図11●MU-MIMOを使って同時通信したときのスループットを測定
各スマホに対して、別々のパソコンからデータを送信したときのスループットを測定した。測定にはパフォーマンス測定ソフト「IxChariot」を利用した。計測に使ったデータは1460バイトのUDPパケット。
[画像のクリックで拡大表示]