全2737文字
PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米国サンフランシスコと中国・深圳に拠点を持つHAXは2012年に創設され、ロボットを含むスタートアップを支援するハードウエア・アクセラレーターの走りだ。

  ベンチャーキャピタルSOSV Investmentsの傘下である同社は、先ごろ東京にも拠点を開設した。SOSVのジェネラル・パートナーでHAXサンフランシスコのマネージング・ディレクターのCyril Ebersweiler(シリル・エーバスヴァイラー)氏に聞いた(図1、図2)。

図1 Cyril Ebersweiler(シリル・エーバスヴァイラー)氏
図1 Cyril Ebersweiler(シリル・エーバスヴァイラー)氏
ベンチャーキャピタルSOSVのジェネラル・パートナー兼HAXサンフランシスコのマネージング・ディレクター。HAXの創設以前は、中国でのアクセラレーターChinacceleratorを創設、それ以前は広告業界に身を置いて中国や日本市場で仕事をした。Université de Poitiersでビジネス法を修め、Écoles Universittaire de Managementで商業および国際ビジネスマネージメントの修士号を取得。

これまでサポートしてきたスタートアップ数はいくつか、そのうちのロボット関連会社は何社か。

Ebersweiler氏 250社で、ロボット関連会社は50社くらいだ。ロボットでは、産業用清掃ロボットを開発するAvidbots社(エイビッドボッツ)、小売ロボットのSimbe Robotics社(シンビ・ロボティクス)などが成功を収めている。