全3385文字
PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 韓国では2020年5月6日、新型コロナウイルス対策が「社会的距離の確保」から「生活防疫」に切り替わった。

 生活防疫とは、経済・社会活動をしながら防疫を行うということだ。新規感染者が1日10人前後になり、企業では在宅勤務から通常勤務に移行、学校では高校3年から順に登校を再開したが、5月中旬にネット通販大手のCoupang社の物流センターでクラスター(感染者集団)が発生し、再び社会的距離を置き始めた。