全5645文字
PR
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2019年12月8~14日にカナダ・バンクーバーで開催された国際学会NeurIPS(2017年まではNIPS)はAIのトップ会議の1つである。筆者はNeurIPSには2017年から3年連続で参加しており、NeurIPS2019にも参加してきた(この記事は参加最終日に書かれている)。

 今回はNeurIPSとはどのような学会なのか、学会では実際何が行われているのか、参加することにどのようなメリットがあるのか、どのような研究が評価され、どのようなトレンドがみられるのかについて紹介していく。

急拡大するNeurIPS

著者の岡野原大輔氏
著者の岡野原大輔氏

 まず、NeurIPSについて説明する。機械学習のトップ国際会議としてはNeurIPSに加えて、それと双璧をなすICML、深層学習専門の新しいICLRなどがある。全科学分野のジャーナルのインパクト(h5-index)によるランキングでNeurIPSは27位であり、10位の画像認識のCVPRに続いて影響力が大きくなっている(ちなみに1位はNatureである)。

 NeurIPSは機械学習、深層学習、強化学習関連の発表がほとんどであるものの、元々神経科学と人工知能をカバーするようにスタートしているため、神経科学関連の研究も発表されている。研究としての理論、手法、実験の全てに高い完成度を求めるICML、深層学習に特化した新規性を求めるICLRに対し、全分野をカバーしつつ新しい深層学習、強化学習に最近重きをおいているNeurIPSはAI関連の学会の中で最も勢いのある学会といえよう。

この記事は日経Robotics購読者限定です