PR
全1766文字
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です
本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2018年3月18日午後10時(現地時間)ころ、米国アリゾナ州において、レベル2の自動運転システムで走行中であった米Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)社(以下「Uber社」)の試験車両が、道路横断中の女性に衝突し、死亡させた。

 公開された車載カメラの車内映像によれば、試験車両の運転手には明らかな前方不注視が認められる。他方、車外映像によれば、被害者は自動車の真正面を横断していたため、自動運転システムがなぜ事故を回避できなかったのかが問題とされていた。

この記事は日経Robotics購読者限定です