全1221文字
PR

中国アリババクラウドがAI(人工知能)活用で攻勢を強めている。AI専用の新チップセットを発表。自社のAIサービスの活用を深め、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速したい考えだ。

 新チップセット「HanGuang 800(含光800)」を、中国・杭州で9月25日から開催された、アリババクラウド(Alibaba Cloud)の年次イベント「Apsara Conference(雲栖大会) 2019」で発表した。

 基調講演に登壇したジェフ・チャン(張建鋒)アリババグループCTO(最高技術責任者)兼アリババクラウドCEOは、HanGuang 800と従来のGPUのベンチマーク比較結果を披露。「大量の交通データの分析処理で比較したところ、HanGuang 800のほうが処理時間は短く、消費電力も少なくて済んだ」とその高性能ぶりをアピールした(写真1)。

写真1●アリババクラウドの年次イベント「Apsara Conference 2019」の様子
写真1●アリババクラウドの年次イベント「Apsara Conference 2019」の様子
AI向けの新チップセットを発表するジェフ・チャン(張建鋒)アリババグループCTO兼アリババクラウドCEO(出所:アリババクラウド)
[画像のクリックで拡大表示]
自社開発のデータベース「POLARDB」とハードウエアを一体にしたアプライアンス製品「POLARDB Box」
自社開発のデータベース「POLARDB」とハードウエアを一体にしたアプライアンス製品「POLARDB Box」
[画像のクリックで拡大表示]

 HanGuang 800は既に、アリババグループ内の様々なビジネスで利用されている。例えばEC事業での商品検索、パーソナルレコメンド機能、広告、インテリジェントな顧客サービス、自動翻訳などだ。

 アリババグループのECサイトの1つである「淘宝(Taobao)」では、毎日約10億枚の画像が店舗からアップロードされてくる。従来は、大量の画像を識別し数百万人の消費者の属性調査やレコメンデーションの処理に1時間を要していた。これが、HanGuang 800を使うと5分で済むようなったという。

 アリババクラウドには「Apsara AI Platform」があり、現在40を超えるアリババグループのビジネスユニットに対してAIサービスを提供している。

 サービスの種類は豊富だ。Apsara Conference 2019では、自然言語向けの「Language&Speech AI」や自動運転技術「Alibaba Autonomous Driving」など様々なAIサービスのユースケースやデモンストレーションが披露された。こうしたAIは、アリババグループの各種サービスからのフィードバックを中心に、日々改善を進めている。

処理性能を20%向上

 アリババクラウドの開発コンセプトの1つが「クラウドとAIの開発は不可分(AI is the Core of Cloud、Cloud is a Must for AI)」だ。

 Apsara Conference 2019では、クラウドのコンピューティングパワーを引き上げると発表した。アリババグループにとって第6世代となる仮想マシンサービス「Elastic Compute Service(ECS)」の登場だ。アーキテクチャーの見直しなどで従来に比べて処理性能を20%向上させた。

 自社開発のデータベースとハードウエアを一体にした製品「POLARDB Box」の一般提供も開始した。

 クラウドとAIでDXに突き進むアリババ。そのパワーに注目したい。