PR

 2020年まで、残り1年あまりとなった。東京オリンピックを間近に控え、重要インフラ事業者を中心にセキュリティ対策が急ピッチで強化されていくはずだ。サイバー攻撃の手口はますます多様化しており、対策も一筋縄ではいかなくなっている。今回は、2019年に拡大が予想される脅威とその対策を考えてみたい。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い