PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

1990年代後半から2000年代前半、独自技術を採用し、クライアント/サーバー型のアプリケーション開発を効率化するためのツールがブームになった。それから約20年。クラウドやモバイル活用が当たり前になった今、そうしたアプリケーション開発ツールは進化を続けている。一世を風靡したあのツールは今、どう姿を変え、活用されているのか。その最前線を伝える。

 クライアント/サーバー(C/S)型が全盛だった1990年代から2000年代前半。開発を効率化するために、独自技術を採用した開発ツールが一世を風靡した。企業システムのアーキテクチャーがC/S型からWeb、そしてクラウドに移り変わる中、これらのツールは勢いを失ったように見えた。しかし今、C/S型のアプリケーション開発ツールが相次ぎ、新版や新機能を追加し再び盛り返そうとしている(図1)。

図1 クライアント/サーバー型アプリケーション開発ツールの変化
図1 クライアント/サーバー型アプリケーション開発ツールの変化
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのツールは20年以上にわたって企業システム向けに開発されている実績を売り文句に、クラウドやモバイル時代の企業システム構築の支援を目指す。

 システム開発会社のケートリックは、米IBMのグループウエア「Notes/Domino」をWebシステムの開発環境と捉える。「米IBMが開発し、そして長年利用されている信頼性に勝てる環境はほかにないだろう」と田付和慶代表取締役は話す。

 米ファイルメーカー(FileMaker)の開発ツール「FileMaker」は、C/S型のアプリケーション開発に加えて、iOS向けの業務アプリーション開発ツールを打ち出している。「米アップル(Apple)の子会社だからこそ、iOSのバージョンアップに追随した新機能を提供できる」とファイルメーカーの荒地曉マーケティング部FileMaker コミュニティ&ビジネス ディベロップメント シニアマネージャーは強調する。

 以下では、C/S型システムの開発で活躍したFileMaker、Notes/Domino、に加え、Windows環境向けの開発ツール「PowerBuilder」や、メインフレーム時代からシステム間連携に利用されている米IBMの「IBM MQ」、ファイル転送ソフト「HULFT」の進化を見ていく。

FileMaker
iOSの最新機能対応アプリを開発

 「カード型データベース(DB)ソフト」。こう呼ばれ、簡易なアプリケーションの開発ツールとして20年前に導入が進んだのがFileMakerだ。「用途は個人の住所録から、業務部門のアプリケーション構築など幅広い」とファイルメーカーの荒地シニアマネージャーは話す。

 今でも手軽に開発できるカード型DBの印象はあるが、2004年5月発売の「FileMaker Pro 7」で、1つのDB内に複数のテーブルを持てるようになり、「より大規模なシステムが開発可能になっている」(荒地シニアマネージャー)。

 そして今、FileMakerが機能強化に注力するのが、スマートフォン、タブレット向けアプリケーションの開発機能だ。特に親会社である米アップルが提供するiOSについては、「毎年バージョンアップを実施し、iOSの新機能を使った開発を可能にしている」と荒地シニアマネージャーは話す。

 ここ数年のバージョンアップでは、iOSが持つBLE(Bluetooth Low Energy)通信を利用したビーコン「iBeacon」や、動画を再生しながら別のウィンドウを操作できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」といった機能を利用したアプリケーションを開発できるようになった。

業務端末からiPhoneへ

 20年以上FileMakerを使い続ける一方で、最新のFileMakerの機能を使いこなしiPhoneやiPadを業務で活用する企業も登場している。

 その1社が、布団のリフォームを手掛ける花嫁わただ。同社は顧客から預かった布団の羽毛や綿を洗浄したり、足したりして、布団をリフォームするサービスを提供する。

 花嫁わたは1990年代から、FileMakerを利用して開発したアプリケーションで業務システムを内製していた。そして同社がiPhoneやiPadを業務用に導入し始めたのが2015年のことだ。

 顧客から花嫁わたに布団が送られてくると、伝票の2次元バーコードをiPhoneで読み込み、入荷情報をシステムに登録する。布団そのものや布団に取り付けたタグをiPhoneのカメラで写真に撮り、画像で状態を記録するといった作業も行う。布団の中の綿を出して重量を測ったり、綿を洗浄したりする工程にはiPadを置き、担当者はiPadに必要な情報を入力していく。これらを実現するアプリケーションは全てFileMakerで内製した(図2)。

図2 FileMakerアプリをiPhone/iPadで活用
図2 FileMakerアプリをiPhone/iPadで活用
布団のリフォームを手掛ける花嫁わたでは、業務端末の代わりにiPhoneやiPadを導入してFileMakerで開発したアプリを活用している(画像提供:花嫁わた)
[画像のクリックで拡大表示]

 以前はこうした工程管理に、業務用の携帯端末を使っていた。その際に頭を悩ませていたのが、アプリケーション保守や、ハードウエアの修理に、費用や時間がかさむことだった。花嫁わたの吉村祐介代表取締役は、「社外のシステム開発会社に依頼すると、簡単な改修でも2カ月で100万円近くかかっていた」と振り返る。「FileMakerと、iPadやiPhoneを利用することですぐに社内で開発できるようになった」(吉村代表取締役)。

iBeaconの位置情報で在庫を探す

 現在花嫁わたは、iBeaconやGPS機能を使ったアプリケーションの開発を進めている。

 iBeaconの活用では、作業場内での在庫の位置を示すアプリケーションを試作中だ。リフォームに利用する布地や綿といった在庫にビーコンを付け、在庫が必要になったときにiPhoneのiBeaconを使って在庫の場所を探せるようにする予定だ。GPS機能では、営業担当者が持つiPadが特定のエリア内に入った場合に、営業先リストなどを提供する機能の開発などを目指している。

 花嫁わたのように、「iPhoneやiPad向けアプリを開発する用途で、FileMakerを導入する企業が増えている」とファイルメーカーの荒地シニアマネージャーは話す。花嫁わたのシステム部でSEを務める山内 健一郎氏は、「画像やQRコードなどハードウエアの制御機能が全てFileMaker側に入っているので、iPhoneやiPadを組み合わせた開発の生産性が高い」と評価する。