PR

 前回は、報告に対するレスポンスを適切で迅速なものにするコツとして、論理構造を意識して、報告相手となる上司に結論であるSo what?を明示するテクニックを紹介した。さて上司はこの報告に納得してくれるだろうか。ご存じのように、本人が論理的で正しいと思っていても、納得してもらえないことは多い。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い