PR

 前回は、報告に対するレスポンスを適切で迅速なものにするコツとして、論理構造を意識して、報告相手となる上司に結論であるSo what?を明示するテクニックを紹介した。さて上司はこの報告に納得してくれるだろうか。ご存じのように、本人が論理的で正しいと思っていても、納得してもらえないことは多い。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料