PR

 プロジェクトで定期的に品質監査を行っています。プロセスの適正さを中心に見ていますが、製品品質に影響が出そうな事象が散見されます。監査報告書を蓄積していますが、問題の予兆の発見やリスクの変化、問題への対策の見通しなど、断片情報を拾って機械的に分析し、プロジェクトの状況を見える化した情報として整理したいと考えています。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い