PR

 8月号の特集1「開発無駄取りの新常識」のように開発生産性向上のために新しい技術やツールを使うという発想がなく、ただただ作業の効率化や工数の削減を求められる事例が多くなっている現状があります。リスクを見て確保する「余裕」と作業の「ムダ」は違うのですが、同じように削減されてしまうのは厳しいです。特集のように、新技術の導入など前向きな方向で、生産性向上・効率化を考えていきたいです。無理なくスモールスタートから始めて、細かい実績を積み上げていくのがよいと思いました。(39歳、PM)

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い