PR

提案側の限界を突破したかった

 注目のネット企業が業界内の著名エンジニアを獲得する。ここ数年、続いている現象だ。衣料通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOもその1社。子会社のZOZOテクノロジーズに2019年4月に入社したのが、岡大勝氏だ。

ZOZO テクノロジーズ Chief ZOZOTOWN Architect 岡 大勝 氏
ZOZO テクノロジーズ Chief ZOZOTOWN Architect 岡 大勝 氏
[画像のクリックで拡大表示]

 岡氏はITアーキテクチャー設計と開発プロセスのコンサルティング会社、ゼンアーキテクツの前CEO(最高経営責任者)。日本で屈指のITアーキテクトである。岡氏はキャリアを再考し、自分からZOZOテクノロジーズに入社を希望。Chief ZOZOTOWN Architectに就任した。

 転職の理由は、提案側の立場での限界を感じたからだ。ゼンアーキテクツ時代、岡氏は最新技術を駆使しつつ、顧客企業に最適なITアーキテクチャーを提案してきた。しかし、その提案を採用するかどうかを最終決定するのは当然ながら顧客企業。「ITエンジニアとして最高の提案をしても、技術に実績がないといった理由から却下されることがあった」(岡氏)と心情を打ち明ける。

 そこで岡氏は提案側ではなく、ユーザー企業でITアーキテクチャーを設計する道を選んだ。

 ZOZOテクノロジーズは現在、ECサイトのシステムの刷新を計画している。「トラフィック件数、商品点数などは日本有数の規模。しかも倉庫と連携して受注から出荷管理までつなげなければいけないなど、非常に難易度の高いシステム」と岡氏は言う。この案件に、岡氏のITエンジニアとしての腕が鳴った。

 岡氏は新システムの設計から実装までを手掛ける予定だ。しかも、岡氏は新しい設計の手法をこのシステムに持ち込もうとしている。

 ITアーキテクチャーの一部を限定されたコミュニティーに公開し、より良い実装方式などの意見を募るという。将来的にリファレンスアーキテクチャーとして公開する。いわば、ITアーキテクチャーのオープンソース化である。「今の時代にふさわしい設計の仕方だと考えている」と、岡氏はITエンジニアとしての理想を追求する。

◆    ◆    ◆

 3人のエンジニアはいずれも、自身のスキルの軸を持ち、自分が何をしたいのかを明確にしていた。決して転職することが全てではないが、できることとやりたいことを客観的に分析することはキャリアを再考する上で不可欠と言える。