PR

 原川のプロジェクトで開発を請け負っている協力会社A社では、遅れ気味になってきた進捗の対策会議が開かれていた。ユーザーから指定されたパッケージソフトを利用していたが、そのパッケージソフトが遅延の原因になっていたからだ。

A社エンジニア佐藤:どうしてドキュメントもサポートもないこんなパッケージソフトを使うんですか。機能が不十分でカスタマイズもできません。使うのをやめるように言いましょう。

A社リーダー松田:気持ちは分かるが果たして元請けが聞いてくれるのだろうか…。

 A社の佐藤は数々の修羅場をくぐり抜けてきたベテランエンジニア。部下を守るためにも、時に理不尽なことを言ってくる元請けに不満を持っていた。一方、元請け企業のプロジェクトマネジャー原川と、開発リーダーの高野も協議中だった。

高野:おそらくA社は、パッケージソフトを利用するのは無理だと言ってくると思います。でも顧客から指定されたパッケージなので変更できません。このままいきましょう。

原川:…。

 熟練エンジニアの高野は最新技術にも精通しており、今回もソースコードを読み解くなどの手間をかければ、パッケージソフトを利用できると考えていた。意見の分かれるA社と原川たちは会議を設けることになった。ただしこのままではお互いを非難し合い、対立が深まるのは目に見えていた。

〈イラスト:串田 千麻〉
〈イラスト:串田 千麻〉

協力会社との信頼が損なわれる

 プロジェクトが遅延し始めたり、佳境を迎えて余裕がなくなったりすると、元請けとなるITベンダーのプロジェクトマネジャーやITエンジニアは、協力会社に対して「多少の無理を言っても、何でも言うことを聞いてくれる」と思って振る舞うケースがある。元請けと協力会社には、発注者と受注者という社会的関係性があり、発注者が受注者に対して無理を言いがちだ。

 しかし発注者、受注者という社会的関係性を背景に、協力会社の意見を抑え込んだり、否定的な態度に出たりすると、協力企業のモチベーションは下がる。その結果、協力会社との信頼関係は損なわれ、作業は予定通りに進まなくなり、やがては取り返しがつかない状態になる。

 プロジェクトマネジャーは発注者、受注者といった区別なく、平等に振る舞うことが重要になる。少ない人数で、かつ短い期間で複雑なプロジェクトを進めるためには、協力会社を含めてメンバー全員が最大の力を発揮する必要があるからだ。協力会社が離脱すれば、プロジェクトの運営に影響が出る。

この記事は有料会員限定です

「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料