PR

商品を手軽に購入できるECサイトは、消費者にとって欠かせない存在だ。ECサイトには、最新のWeb技術が盛り込まれ、UI/UXの改善が繰り返されている。技術者が参考にできる画面設計や機能は多い。では、技術者はECサイトのどんな機能を評価して使っているのだろうか。日経 xTECH読者へのアンケート調査から3大ECサイトの実態を明らかにする。

 技術者は、ECサイトのどんな機能を評価して使っているのだろうか。これを探るため、日経 xTECHでは2019年7月、利用者数が多いECサイトの「アマゾン(Amazon.co.jp)」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」の実態を把握する「3大ECサイト利用実態調査」のアンケートをWebサイト上で実施。254人の読者から回答を得た(49ページの調査概要を参照)。調査結果から判明した3大ECサイトの実態を紹介する。

9割がアマゾンを利用

 アンケートでは、普段使っているECサイトを挙げてもらった。その結果、利用しているECサイトの第1位は「アマゾン」だった(図1)。回答者254人中230人が利用していると答えた。第2位は「楽天市場」で144人(56.7%)、第3位は「Yahoo!ショッピング」で68人(26.8%)だった。アマゾンを利用する人は回答者の90.6%に及び、他のECサイトを大きく上回る結果となった。

図1●普段利用しているECサイト
図1●普段利用しているECサイト
「普段利用しているECサイトはどれですか」という設問への回答(複数回答)
[画像のクリックで拡大表示]

 図1は利用しているECサイトを複数回答で聞いた結果である。回答したサイトの中でメインに利用しているものがあるはずだ。そこで、最も商品を購入するサイトを3大ECサイトに絞って挙げてもらった(図2)。

図2●最も商品を購入するECサイト
図2●最も商品を購入するECサイト
「3つのECサイトの中で最も商品を購入するのはどれですか」という設問に対する回答の内訳
[画像のクリックで拡大表示]

 メインに利用するECサイトの第1位は、「アマゾン」(183人)だった。その割合は73.5%である。第2位は「楽天市場」(53人)で21.3%、第3位は「Yahoo!ショッピング」(13人)で5.2%だった。

 では、利用者がECサイトを評価するポイントは何か。メインに利用するECサイトのシステムの良い点を複数回答で3つまで尋ねた(図3)。

図3●メインに利用するECサイトの良い点
図3●メインに利用するECサイトの良い点
図2の問いで回答したECサイトについて「システムで良い点は何ですか」という設問に対する回答の内訳。最大3つ選択してもらった
[画像のクリックで拡大表示]

 第1位は「検索窓に入力したキーワードで欲しい商品がヒットする」(120人)で47.2%に上る。