PR

Question

 昼休みにパチンコをしている同僚のSEがいます。午後からの勤務時刻に遅れることもありました。ところが注意したら「昼休みに何をしようが俺の勝手だろ」と逆ギレされ、紛糾しました。私の取った行動は間違いなのでしょうか。

Answer

 休憩時間は自由に過ごせますが、休憩後は勤務が始められる状態になっていなければなりません。質問のケースのように、パチンコやパチスロで当たりが出た場合は遅刻してしまう可能性があります。パチンコが悪いということではなく、戻れない可能性が高い行為は制限して差し支えありません。

 では、どのような制限ならOKなのでしょうか。勤務時刻に戻れないような外出や、他の社員への迷惑になる行為、社内の風紀を乱す行為に関しては制限できます。

 具体的には、社内での副業的な販売活動や宗教勧誘、選挙活動などは慎むべきです。会社貸与のPCでのゲームや、競馬・競艇・競輪などネットでの賭け事も禁止できます。そもそも会社のPCは、業務に使用するために貸与されています。

 賭け事は競馬や競艇に限りません。社員間でお金を賭けてマージャンや野球賭博などの賭け事を行うのは違法であり、当然禁止です。

 昼食時にビールを飲むことも禁止できます。これまで、大きな音で音楽を聴いたり歌ったり、屋内でラジコンのヘリコプターを飛ばしたりする社員がいて困っているという相談もありました。これらも当然、禁止できます。

 常識で考えれば、多くの社員が「禁止して当然だ」と納得するような行為に対して制限ルールを設けるのがよいでしょう。

社員によって常識が異なる場合も

 ただし、「常識」といってもルールが無ければ紛糾することがあります。どんな非常識なことでも、自分にとっては常識の範囲だと屁理屈を言う社員もいて職場でトラブルになることがあります。筆者はルールなど作らなくても皆が常識的に考えて折り合いを付けるのが一番だと思います。しかし、社員が多くなるほどルールが必要となるのも事実です。

 少なからず、会社には服務規律が存在するはずです。そこにはやってはいけないことが書かれています。上記のようなケースが書かれているなら、それを根拠に説明すればよいでしょう。

 制服や作業着を支給する会社で相談が多いのは、外出時の服装です。最近は屋外での喫煙がトラブルになるケースが増えてきました。社内を禁煙にする会社が多くなってきたからでしょう。制服や作業着を着用したままコンビニの前や公園、空き地に集まって喫煙し、近隣の方から会社にクレームが入ることがあります。制服や作業着で外出すれば、ひと目でどこの会社か分かります。

 他にも、パチンコやゲームセンター、風俗店などに昼の時間帯に出入りすれば、会社のイメージを損なうでしょう。この場合も、服務規律の禁止事項として盛り込めます。

杉本 一裕(すぎもと かずひろ)
杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 1985年にメーカー系IT企業に入社。多数の企業で勤怠・給与・人事制度の業務コンサルティングを手掛ける。退職後、社会保険労務士事務所のSRO労働法務コンサルティングを開業。IT企業をはじめ、製造業や病院、大学、鉄道など幅広い業種のコンサルティング業務を行う。