PR

Question

 服装について教えてください。先日、アロハシャツと破れたジーンズで出社してきた中堅SEがいて、さすがに問題があると思って注意しました。ところがそのSEに「服装は自由だ」と逆上されて紛糾。「服装をこうしろと強制されるのはおかしい」と言い出す始末です。職場ではどのように対応すればよいのでしょうか。

Answer

 確かにクールビズが流行してから、身だしなみがおろそかになったと感じます。筆者は相手に不快感を与えなければ1年中自由な格好でよいと思います。

 ただ、不快に感じるか否かは相手によって変わるので、職場でも一定のルールを設ける必要があります。特に大企業は社員数が多く、常識頼みの管理は通用しません。ルール作りは当然であり、内勤・外勤や、業態・職種によって、一定程度の服装ルールを決めることをお勧めします。

職種によって感覚は違う

 ベンチャーの会社に行くと、カフェのようなオフィスで服装も自由な場合が多いようです。Tシャツでも不快に感じず、逆に新鮮と思ってしまいます。筆者も講演時などを除いて年中ノーネクタイなので、違和感がないのかもしれません。

 ただ、自社内でカジュアルな服装がOKでも、顧客を訪問するSEや営業担当者がラフすぎる自由な服装だと相手が不快に感じるでしょう。年齢層で不快に感じるレベルも違いますが、会社のイメージやブランドを損なうような服装や身だしなみはやめさせなければなりません。

 基本は自由な服装でOKだとしても、常識を逸する問題社員は必ず出てきます。よって、クールビズの運用でも常識的な服装範囲とするのです。問題は、常識の範囲を誤認識する社員です。そのためにルールが必要です。服装についてのルールを守らせることは就業時間中であり、会社の指示下で問題ありません。

 では、どんな服装が常識の範囲を逸脱しているのでしょうか。筆者が経験した、服装や身だしなみの相談例には次のようなものがありました。半パン、サンダル、破れたジーンズ、派手なアロハシャツやTシャツ、目立つ茶髪や金髪など。通勤は自由でも、社内では会社ルールに従わなければなりません。

 服装を常識の範囲内で自由とするとだけ職場で通知すると、上記のような服装や身だしなみの社員が出てくるものです。上長や先輩が注意すると「ダメだというルールを聞いていない」と反論します。中には「表現の自由」「自己決定権」などと主張する面倒な社員もいます。

 こうしたときは、あくまで会社内の風紀ルールだと説明しましょう。プライベートタイムは好き勝手にしてくださいと。

 みんなが常識の範囲で対応すれば、会社のルールも必要ありません。そうでないために、サンダルや半パン禁止などルール化している会社がいくつもあります。会社によっては襟のあるシャツはOK、ジーンズOK、ただし破れたジーンズはNGなどと細かく決めている場合もあります。

杉本 一裕(すぎもと かずひろ)
杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 1985年にメーカー系IT企業に入社。多数の企業で勤怠・給与・人事制度の業務コンサルティングを手掛ける。退職後、社会保険労務士事務所のSRO労働法務コンサルティングを開業。IT企業をはじめ、製造業や病院、大学、鉄道など幅広い業種のコンサルティング業務を行う。