PR

Question

 出張先で仕事を終えてから、新幹線で東京駅に戻りました。到着時刻は22時。ところが勤務終了を「22時」として残業申告したところ、会社側に却下されました。仕事で遅くなったのに納得できません。なぜ却下されたのでしょう。

Answer

 これまで同様の質問を何度も受けてきました。社員研修でも時々聞かれます。結論から言えば、移動時間は労働時間にはなりません。確かに出張先で定時まで働いて新幹線で帰ってくるのは疲れます。普段よりも早く自宅を出る場合や遅くに帰宅する場合もあり「損をした」と考えても不思議ではありません。しかし、残念ながら出張時の移動時間は労働時間とはみなされません。

 ある会社では、遅くなった時間分を残業時間として処理している社員が問題になったことがありました。例えばこんな場合は残業時間にはなりません。「福岡支社で10時からの会議に出席するため、東京から早朝の新幹線や飛行機で移動した」「大阪本社で会議を終え、終電で東京に帰ってきた」。

 移動時間は通勤時間と考えると理解しやすいでしょう。通勤時間も同様に、残業時間とはみなされません。通勤時間は本や雑誌、漫画を読んだり、居眠りしたりすることもできます。今は断然、スマホを見ている人が多いですね。新幹線では缶ビールなどアルコールを飲む人も多いと思います。このように移動時間は自由時間であり、会社側の指揮命令監督下にはなく「労働」にはならないのです。

社員の負担は出張手当で

 出張期間中に休日があった場合はどうなるのでしょうか。これも移動時間と同じく、出張先で労働しない日、すなわち本来の休日と同様に扱われます。

 社員からすれば、自宅で過ごす休日ではないために、普段通うスポーツジムに行くことやビデオ鑑賞など趣味に興じることができません。出張先では休んだ気がしないかもしれませんが、労働日ではありません。

 月曜日の朝からの会議のために、前泊して休日に移動することもあるでしょう。この場合も同様に、労働扱いにはなりません。指揮命令によって実際に労働しているか否かで判断されます。

 行政解釈でも、(物品の監視など特別に会社の指示がある場合を除いて)移動時間は労働として扱わなくてよいとしています。ただし、会社側は社員に対して移動時間は労働ではないと当然のごとく言うのではなく、きちんと理解を求めることが大切です。社員の立場で考えると、仕事で遅くなっているのですから、不満を感じても仕方がないのです。

 そこで会社は、出張の移動時間は通勤時間と同じで労働ではないと説明したうえで、出張手当の話をします。多くの会社は出張手当を支給しており、日当や移動手当などもあります。「遠地までお疲れ様」という意味を込めて、労働とはならない代わりに手当を支給しているというわけです。

杉本 一裕(すぎもと かずひろ)
杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 1985年にメーカー系IT企業に入社。多数の企業で勤怠・給与・人事制度の業務コンサルティングを手掛ける。退職後、社会保険労務士事務所のSRO労働法務コンサルティングを開業。IT企業をはじめ、製造業や病院、大学、鉄道など幅広い業種のコンサルティング業務を行う。