PR

Question

 開発チームで課長を務めています。最近、プロジェクトが多忙で深夜の帰宅が多く、休日出勤も続いています。管理職なので残業手当がないのは分かります。しかし、休日出勤しても代休をもらえないうちの会社はおかしくないでしょうか。

Answer

 同じように疑問に思ったことがある管理職は少なくないと思います。有給休暇は管理職か否かに関係なくあります。しかし同じ「休み」でも、代休は管理職にはありません。そのため休日出勤が頻繁にあっても、会社は別途休日を与える必要はないのです。

 とはいえ、管理職も病気や精神的なストレスを抱えます。せめて有給休暇を取るように会社は促し、過重労働にならないように配慮しなければなりません。

 管理職に代休がないのは違法ではありません。労働基準法上の管理監督者に該当するので、労働時間や休日の法的な条文を適用しなくてよいからです。「名ばかり管理職」の場合は管理監督者に該当しない可能性がありますが、ここでは管理職の定義は割愛します。

 よって、管理職は休日出勤しても手当は支給されませんし、休日出勤分の代休は付与されません。管理職には労働時間に関する制限がないのが理由です。

 ただし、深夜分の手当は必要です。深夜残業手当という名称を使っている会社は多いでしょう。深夜までの仕事は残業の延長時間帯だからです。深夜時間は22時から翌朝5時までです。この時間帯の勤務は残業の有無にかかわらず、会社は25%割増で支給しなければなりません。

 管理職であっても、深夜時間帯分の25%割増は必要です。これは、残業に対する支給ではなく、深夜時間帯分の労働に対する支給です。管理職も一般職も区別なく支給対象となります。

管理職も労働時間の把握が必要

 一方、管理職に対する労働時間管理は必須です。管理職には残業が付かないので、時間管理をせずに出勤日を管理するだけで済ませている会社もあるのではないでしょうか。また、管理職自身も固定給なので自分の労働時間を意識していない場合があります。

 深夜分の手当を計算するうえで「時間」のカウントは必要です。また何よりも、健康への配慮から管理は必要です。会社には長時間労働者に健康診断を受けさせるなど安全配慮義務があります。管理職だからといって例外ではなく、労働時間を把握する必要があります。

 労働基準法上の管理監督者で労働時間の制約を受けないとしても、労働安全衛生法は一般社員と同様に適用されます。もちろん過重労働などは労災対象となります。

 質問者の場合、会社は代休を付与する必要はありませんが、休ませることは必要です。矛盾しているような言い回しですが、管理職にも代休に変わる休養代休のようなルールが、法令に関係なく必要な時代かもしれません。

杉本 一裕(すぎもと かずひろ)
杉本 一裕(すぎもと かずひろ) 1985年にメーカー系IT企業に入社。多数の企業で勤怠・給与・人事制度の業務コンサルティングを手掛ける。退職後、社会保険労務士事務所のSRO労働法務コンサルティングを開業。IT企業をはじめ、製造業や病院、大学、鉄道など幅広い業種のコンサルティング業務を行う。