PR

不確実性を増す要求

 デジタル変革やITを活用した新サービス開発が、システム開発の主役になりつつある。こうしたプロジェクトでは「やってみないと分からない要素が多い。要件定義に時間をかけて細部まで決めようとしても、希望的観測が入り交じったものになる。そのままプロジェクトを始めると、ビジネス上の価値が低いシステムの開発に、無駄な時間とコストを費やすような結果になりがちだ」。ゼンアーキテクツの岡大勝CEOはこう指摘する。

 とはいえ、見切り発車で無計画にプロジェクトを始めるのはよくない。岡CEOは「継ぎはぎで作ったハリボテのようなシステムになってしまう。価値のない機能がたくさんできてしまったり、拡張性がないシステムになってしまったりする」と警鐘を鳴らす。

 今必要なのは、従来のような綿密な要件定義ではなく、曖昧さや不確実性を意識しながら要求をマネジメントしていく進め方だ。デジタル変革や新サービス開発の経験が豊富なITエンジニアへの取材の結果、次のような進め方をすると成功確率が高いと分かった。

デジタル変革やITを活用した新サービス開発の進め方
デジタル変革やITを活用した新サービス開発の進め方
どうしても要求は曖昧で不確実性が高いものとなる。無理に要件を固めようとしたり、無計画に作り始めたりせず、要求をマネジメントしながら開発を進める
[画像のクリックで拡大表示]

 デジタル変革や新サービス開発に取り組もうとすると、さまざまな関係者から多彩なやりたいことが出てくる。本特集ではこれを「アイデア」と呼ぶ。1つひとつのアイデアはビジネス上の価値があるかどうか分からないし、粒度や想定しているゴールもばらばらだ。

 そこで、アイデアを基にビジネス担当と開発担当が話し合うフェーズを設ける。このフェーズでは、プロジェクトの目的を明確にし、システムを特徴付ける機能の候補を見つけ出す。こうしたシステム開発の目的と機能の候補を、本特集では「仮説」と呼ぶ。「こうしたシステムを作れば、デジタル変革や新サービスが成功するだろう」とプロジェクトの関係者が合意したものだ。

 続いて、仮説を「システムへの要求」に落とし込んで、システムを開発する。機能を中心に、仮説から考えられるシステムへの要求を洗い出し、優先順位を付ける。また、「仮説を検証できる最小限の機能」を見つけ出す。優先順位の高い要求から開発に着手する。

 最小限の機能を持つシステムが出来上がったら、初回のリリースとなる。リリースしたシステムを使ったユーザーの声や計測した主要指標から「ユーザーの評価」が分かる。これに基づいて、機能の実装順を変えたり、仮説を見直したり、新しいアイデアを検討したりする。

 こうした流れを繰り返し、システムの実装を充実させていく。