PR

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は2018年2月15日、格安スマホ事業を開始すると発表した。日本通信と業務提携して実現する。両社は同日、格安スマホ事業を手掛ける共同出資会社「H.I.S.Mobile」を設立。H.I.S.MobileはHISの店舗などを通じて格安SIMを販売する。新会社の出資比率はHISが60%、日本通信が40%である。

 新会社の目玉商品は、海外旅行者向けの格安SIM。2018年5月に販売開始を予定している。世界70カ国以上で使え、1日当たり500円程度で200Mバイトまでデータ通信できる(1カ国で使用する場合)。

 「大手通信キャリアのスマホを海外で使うと高い。ハワイ旅行のツアー代金が7万円なのに、通信費に1万円以上かかることもある。こうした現状を打破したい」。HISの沢田秀雄代表取締役会長兼社長はこう意気込む。

エイチ・アイ・エスの沢田秀雄代表取締役会長兼社長
エイチ・アイ・エスの沢田秀雄代表取締役会長兼社長
[画像のクリックで拡大表示]

 国内向けの格安SIMも販売する。料金は月額945円(税別)。音声通話付きで、500Mバイトまでのデータ通信が可能。こちらは2018年2月15日に販売を開始する。