PR

 防犯カメラの設置で治安向上を実現――。町の治安悪化に悩んでいた愛知県刈谷市が、交差点や公園などに防犯カメラを積極的に導入して犯罪を抑止し、町の安全性向上の成果を上げている。

 刈谷市では、2003年度に刑法犯認知件数が4500件を記録。治安の改善が課題となっていた。そこで、11年度から街頭に防犯カメラを積極的に設置し、17年度には900台を超えるまでに増やした。その結果、12年度から17年度の5年間で刑法犯認知件数が46.4%減少した。

刈谷市の防犯カメラの累計設置台数と、刑法犯認知件数の推移。防犯カメラの台数の増加に伴い、ここ5年間で刑法認知件数は約半分に減った(資料:刈谷市の資料を基に日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
刈谷市の防犯カメラの累計設置台数と、刑法犯認知件数の推移。防犯カメラの台数の増加に伴い、ここ5年間で刑法認知件数は約半分に減った(資料:刈谷市の資料を基に日経ホームビルダーが作成)

 同市は11年に発表した第7次総合計画(11~20年度)の重点プロジェクトの1つとして「安心して歩けるまちづくり」を掲げ、防犯灯や防犯カメラの整備を推進して犯罪抑止力を高めることを目標にした。

 同市では、毎年、街頭防犯カメラ設置事業費として多くの予算を割り当て、交差点や公園、駅、地下道、市営駐車場などに防犯カメラを次々に設置した。12年度末に106台だった防犯カメラを、17年度には930台と約9倍に増やした。18年度末には1000台を超える見込みだ。