PR

 日立アプライアンス(本社東京)は、業務用空調・冷熱機器向け「遠隔監視システム」のオプションに「予兆診断」機能を設定。「Exiida遠隔監視サービス」として2018年4月2日から提供する。IoT(Internet of Things)技術で得られるさまざまなデータを分析して故障の予兆を捉えることで、運転状態を基準とした保全作業が可能になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料