PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 製造業のIoT化を支援する団体「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム」は2018年2月26日、同団体の幹事会社として新たに日立製作所が加入したことを発表した。併せて、同月中の一般社団法人への移行も明らかにした。同団体は、産業用IoTにおけるIT領域とFA(Factory Automation)領域の連携に向けて、アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社が2017年11月に設立していた(関連記事)。

 Edgecrossコンソーシアムは、IT領域(クラウド)とFA領域(生産現場)を結ぶエッジコンピューティング領域の標準的なソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」を提唱し、その仕様策定や普及促進を目指す。生産現場ではさまざまな設備が稼働しており、通信規格やインターフェースもばらばらなので、生産現場のデータをクラウド側で活用するには、データ交換やラベリングが不可欠である。Edgecrossでは、通信規格やインターフェースの差異を吸収するプラットフォームとして、円滑なデータ交換や、ラベリングによるデータの階層的な管理を実現し、クラウド側で業務プロセスごとに必要なデータだけを抽出できるという。

ソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」(出所:Edgecrossコンソーシアム)
ソフトウエアプラットフォーム「Edgecross」(出所:Edgecrossコンソーシアム)
[画像のクリックで拡大表示]