PR

 昭和電工は、鋳造・鍛造品を開発・生産する喜多方事業所(福島県喜多方市)内にアルミニウム(Al)合金材の研究拠点「アルミ製品評価センター」を開設した。同社の事業開発センター 融合製品開発研究所傘下の組織として設置する。新拠点の活用により、自動車向けAl合金製品の高強度化を図る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料