米アカマイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies)は現地時間3月1日、memcachedを悪用したDDoS(分散型サービス拒否)攻撃の観測状況を明らかにした。日本時間3月1日午前2時28分にピークを迎え、毎秒1.3テラビットの攻撃があったという。ピークを迎えた後、攻撃は落ち着いてきている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い