日産自動車は2018年3月22日、電気自動車(EV)「リーフ」の中古電池を再利用した街灯を、福島県浪江町に設置する計画を発表した。太陽光パネルと組み合わせることで他の電源を不要にする。国内初とする同計画の名称は「THE REBORN LIGHT」。同年3月26日に関連会社の現地工場で試験的に点灯し、4月以降に順次設置を始める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!