PR

 アドバンテストは、次世代の高速DRAMを試験可能なメモリーICテスター「T5503HS2」を発表した。半導体メーカーが現在開発を進めている、DDR5型やLPDDR5型といった、最高速度6.4 Gビット/秒でデータ転送可能なシンクロナスDRAMに対応できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料