PR

 米Broadcom(ブロードコム)社は、本社の米国への移転完了した(ニュースリリース1)。登記上の本社(本店)はデラウエア州に置き、事業遂行の本社はカリフォルニア州サンノゼに置かれる。サンノゼの本社は、シンガポールに本社があった時期は米国支社だった。

現在のBroadcomの概要。同社の資料
現在のBroadcomの概要。同社の資料
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のBroadcomはシンガポールAVAGO社が旧・米Broadcom社を買収し、買収後に社名をAVAGOからBroadcomに変更して誕生した(関連記事1)。社名はBroadcomになったが、本社はシンガポールに据え置いた。そのBroadcomは2017年11月2日に本社をシンガポールから米国に移転する旨を表明し(ニュースリリース2)、その4日後の同年11月6日に米Qualcomm社への買収提案を行っている(関連記事2)。当初の予定では2018年5月までに本社を移転するとしていたが、Qualcommの買収に絡んで移転を前倒しすることを同年3月12日に表明した(ニュースリリース3)。ただし、同日には米国大統領令によってBroadcomによるQualcomm買収は禁止され(関連記事3)、2日後の3月14日にBroadcomはQualcommの買収提案を取り消す旨を発表した(ニュースリリース4)。

 なお、今回の移転にもかかわらず、NASDAQでのBroadcomのticker symbolは「AVGO」が維持される。Broadcomは、これまでのアメリカ支社の機能は, すでに新本社に統合されており、ビジネス環境あるいは雇用には何の影響もないとしている。同社は米国では35以上の州に約8300人を雇用する(全世界では約1万5600人)。