日立製作所は2018年4月3日、情報関連機器を生産する日立情報通信マニュファクチャリングをEMS(電子機器の受託製造サービス)事業者のユー・エム・シー・エレクトロニクスに売却すると発表した。サーバーやストレージ、ネットワーク機器の製造受託を広げ、コストを引き下げながら、データセンター向け需要の拡大に対処する狙いだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料